綺麗に加工する技


▼目次
■画像タイプ
JPGの特徴と善し悪し
GIFの特徴と善し悪し
PNGの特徴と善し悪し
最適画像タイプ判断
相互変換特徴表
写真の綺麗な縮小方法

▼JPGの特徴と善し悪し
・写真等で使われる形式(1678万色,24bit)
・圧縮効率が良く、画質の劣化が余り気にならない
・不可逆圧縮で、圧縮により失われたデータの復元は不可能
・写真等の様々な色が入り混じった画像は圧縮率に対し劣化が目立たない。
・逆に色の境界がはっきりしている物は劣化が目立ちやすい。

▼GIFの特徴と善し悪し
・最大256色対応でアニメーションにも対応(8bit)
・HP素材やアニメ/イラスト画で多くが利用
・透過にも対応しドコモのスタンプ等でも採用
・ベタ塗り絵なら比較的容量が軽い。
・写真などをGIFにすると画質も悪く、容量も増す。
▼PNGの特徴と善し悪し
・GIFの上位版のような存在(280兆色,64bit)
・フルカラーに対応し、αチャンネルにも対応(半透明等)
・劣化はしないがJPG→PNGだと容量が重くなりがち
・圧縮にはZIP形式を採用し、可逆圧縮

▼最適画像タイプ判断
・単色画像…gif,pngを推奨。jpgだと容量が増す。
・イラスト/アイコン…↑と同じ
・CG…JPG,PNGを推奨。JPGだと画質が落ちます。
・モノクロ写真…JPGを推奨。
・カラー写真…JPG,PNGを推奨。PNGは容量が大きい。

▼相互変換特徴表
JPG画像をGIF画像…色数が256色に減色され画質が下がる。
JPG画像をPNG画像…画質の劣化などは無いが、容量が増す。
GIF画像をJPG画像…画質が悪くなり色数が増し容量も増す。透過色も別の色へ置き換え。
GIF画像をPNG画像…特に問題ない。ドコモ携帯はPNGに対応していないので注意。
PNG画像をJPG画像…画質が落ちます。
PNG画像をGIF画像…256色PNGならOK

▼写真の綺麗な縮小方法
※JPGの場合の話。
大きな画像を縮小すると情報をその分捨てたりまとめたりするんですが、少しぼやけた感じになる気がしませんか?
そんな時は、変換後の画像カスタムからシャープ加工をするか簡易加工からクッキリモードにすると良い感じになるかもしれません。


また何かポイント見つけたら書きます。
0.TOP